2010年04月24日

明石歩道橋事故 強制起訴へ異例の紆余曲折、JR脱線の議決も影響か(産経新聞)

 平成13年7月に起きた明石歩道橋事故をめぐり、当時の明石署副署長、榊和(かず)晄(あき)被告(63)が20日、業務上過失致死傷罪で強制起訴された。神戸地検による4度にわたる不起訴と、検察審査会への3度の申し立て。全国初の強制起訴に至るまでには、異例ともいえる紆(う)余(よ)曲折があった。

 事故から10カ月近くがたった14年5月、兵庫県警は事故当時の明石署の署長や榊被告を含む計12人を書類送検。しかし、同年12月に地検が起訴したのは、当時の明石署地域官と明石市の担当者3人、警備会社幹部の計5人だけだった。

 これを不服とした遺族らは署長と榊被告の起訴を求め検察審査会に申し立て。その後は審査会が起訴相当と議決するたびに地検が不起訴とすることが繰り返され、その間に元署長は病死した。

 しかし、改正検審法が21年5月に施行されると、事態は展開。神戸第2検察審査会は今年1月27日、全国初の起訴議決を出し、神戸地裁から選任された指定弁護士3人が榊被告を強制起訴することになった。

 改正検審法は議決から強制起訴までの期間を「すみやかに」とだけ定めている。だが受任当初、指定弁護士の一人は「1、2カ月で起訴するのは絶対に無理。じっくり半年ぐらいかけて捜査記録をみたい」と話していた。

 にもかかわらずこの段階での起訴に踏み切った背景には、証拠書類の最低限のチェックが済んだことは当然ながら、3月26日にJR福知山線脱線事故で全国2件目の起訴議決が出たことも影響したとみられる。

 脱線事故は時効成立が今月末に迫っており、指定弁護士は事故から5年となる今月25日までに強制起訴することを明言。歩道橋事故の指定弁護士としては、2カ月遅れで起訴議決が出た脱線事故よりも起訴が後になるわけにはいかないとの判断も働いたようだ。

【関連記事】
明石歩道橋事故、過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴
明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」
明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず
地下鉄床下から煙、乗客100人避難 大阪市営千日前線
無法「撮り鉄」撮られてた!大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

次席検事「必要な協力を行う」 明石歩道橋事故で元副署長を強制起訴(産経新聞)
「シカに矢」男女2人組逮捕「シカ肉は高く売れると聞いた」(スポーツ報知)
検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)
<普天間移設>沖縄知事、県民大会参加を正式表明(毎日新聞)
鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら(時事通信)
posted by マツクラ マサユキ at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

堺の男児死亡 「4〜5日前から数回繰り返し腹を押さえた」 同居男を送検へ(産経新聞)

 堺市堺区で1歳6カ月の岩本隆雅(りゅうが)ちゃんが虐待死した事件で、傷害容疑で逮捕された無職、古田島昂志(こたじま・たかし)容疑者(23)が、大阪府警の調べに「4〜5日前から数回繰り返し腹を押さえた」と供述していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 府警によると、司法解剖の結果、死因は腹を殴打され、小腸と腸間膜が裂けたことによる出血性ショックと判明。府警は容疑を傷害致死に切り替え、16日午後送検する。

 捜査関係者によると、古田島容疑者は「死亡する4〜5日前から腹を押さえる行為を繰り返した。腹と背中を挟んで抑えることもあった」と供述している。

 司法解剖では、隆雅ちゃんのおでこに皮下出血があったほか、全身数カ所にあざが見つかった。あざについて、古田島容疑者は「言うことをきかないときにいらっとして手を出した」と暴行を認めているという。

 母親(21)は「仕事から帰宅すると自分の知らない間に隆雅の体にあざができていることがあった」と説明しているという。

 このほか、隆雅ちゃんは体重が7・8キロと同年齢の平均10キロ以上に比べ、やせていたことも判明。全身の栄養状態が悪く、育児放棄されていたとみられる。

【関連記事】
堺の男児虐待死、同居23歳男「発熱、泣きやまず腹を押した」
堺の男児虐待死、母親の交際相手の男を傷害容疑で逮捕
近所住民「まさか…」 堺の1歳児死亡、また虐待か
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状
「子供を愛せない」日本の病

高速で車乗り捨て走って逃げる 無免許容疑の男逮捕(産経新聞)
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷−東京(時事通信)
<寒暖の差>原因は平年より強めの寒気と暖気のせめぎ合い(毎日新聞)
鳩山政権が増税路線に転換? 財務省の思惑チラリ(産経新聞)
ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近(産経新聞)
posted by マツクラ マサユキ at 01:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

女性の全身に打撲痕…名古屋・集団暴行死(読売新聞)

 名古屋市南区の市営住宅で、住民の職業不詳細川咲子さん(42)が弟ら5人から金属バットで殴られるなどして死亡した傷害致死事件で、細川さんのほぼ全身に打撲痕があったことが10日、南署の司法解剖の結果でわかった。

 同署は、弟の職業不詳細川一男容疑者(36)(名古屋市昭和区)や名古屋市北区の少年(19)らが、日頃から金属バットや角材で暴行を繰り返していたとみて、詳しい経緯を調べている。

 発表によると、細川さんの死因は、外傷性ショックだった。顔に傷は無かったが、頭部や背中、でん部など、ほぼ全身に打撲痕や出血を伴う傷があった。

 調べに対し、5人は8日夜の状況について「(細川さんが)『寝る』と言って、自分で布団に入った」「殴ったらばたっと倒れたので、布団まで移動させた」と食い違う供述をしているという。金属バットは、一男容疑者が持ち込んだものだったといい、同署は、5人から動機や経緯について、さらに事情を聞いている。

 同署や付近住民によると、細川さんは、以前は週3回清掃業のパートなどをしていたが、現在は生活保護を受給。部屋には、複数の少年らが出入りしてたまり場になっており、音楽やテレビの大きな音が外まで聞こえることもあったという。

 同じ市営住宅の女性(49)は「1か月前から、どたんどたんという音が響いていた。8日夜には、女の人の『うわあ』という声が2回聞こえた」と振り返り、別の女性(71)は「毎月の生活保護支給日には、部屋を出入りしていた少年らが、近くのコンビニで大量に買い物をしていた。たかられていたのかも」と話した。

 同署は10日、5人を名古屋地検に送検した。

首相動静(4月6日)(時事通信)
車にはねられ中学生4人負傷 大阪・熊取(産経新聞)
<坂本龍馬像>飲酒運転はいかんぜよ 巨大人形で呼びかけ(毎日新聞)
覚醒剤使用の職員 大阪市が懲戒免職(産経新聞)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
posted by マツクラ マサユキ at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。