2010年05月27日

高品質、低価格で需要増 スペインの発泡ワイン「カヴァ」(産経新聞)

 スペイン・カタルーニャ地方で、伝統的な製法によってつくられるスパークリングワイン(発泡ワイン)「カヴァ」。地中海性気候ではぐくまれた良質のブドウを原料にした自然な味わいと華やかな泡立ちのワインで、手の届きやすい価格もあり、日本で年々消費が伸びている。先日、カヴァの普及を目指すカヴァ振興協会サン・サドゥルニの一行約50人が来日、京都市内のホテルで試飲会を開いた。集まったレストランやワインショップ、百貨店などワイン関係者を前に、「日本食と相性のいいカヴァをもっと知ってほしい」と魅力を訴えた。

 約140年前に製造が始まったカヴァは、フランスのシャンパンと同様に、瓶内で発酵させ天然の発泡を可能とする伝統的な製法を用いて生産されている。現在、年間約2億2000万本を生産し、このうち約1億4000万本は欧米などに輸出。日本では1980年代初頭から人気が広がり、昨年には、500万本を輸入、世界第5位の輸入国という。

 日本で人気が高いのは、「ブリュット」「ブリュット・ナトゥレ」と呼ばれる辛口のワイン。さらに最近では、ロゼの需要も高まっている。華やかな色合いと泡立ちから乾杯などに好まれるが、「カヴァは食べ物ともよくあう。特に日本料理と相性がいいですよ」とカヴァ振興協会のペドロ・ボネット・フェラー会長。「日本もスペインも、魚を食べるし、ソースをあまりつかわずナチュラルな料理が主流。だから、日本料理とカヴァはよくあうのかもしれません」と分析する。

 試飲会には約25種類のカヴァをそろえ、さらに「ごま豆腐」や「さよりと春野菜の卵とじ」など和食を用意。日本人だけでなく、カヴァ振興協会のメンバーも、カヴァと日本食との相性を堪能していた。

 不況が続き、消費者の財布ひももなかなか緩みにくいが、フェラー会長は「こんな時期だから、消費者は、買い物をするときに、お金を払うだけの価値があるかどうか真剣に見極める。カヴァは、品質と価格を考えると、非常にコストパフォーマンスがいい。今こそカヴァにとってチャンスです」と話していた。(岸本佳子)

【関連記事】
小沢氏「ワインをごちそうになっただけ」 ルース米大使との会談認める
日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い
【韓流エンタメ】女優 ハン・ヒョジュ 「第2のチャングム」自然体で魅了
「こりゃ飲めない!」酷評から驚きの大豆飲料商品化
奈良の大仏にワイン奉納 仏ブルゴーニュの名門6家
中国が優等生路線に?

<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)
酔って市営地下鉄の駅員に暴行…したのは大阪市職員、逮捕(産経新聞)
山田宏氏 参院選比例代表に立候補へ 杉並区長を辞職(毎日新聞)
裏付け不十分で謝罪=「農水相が海外出張でゴルフ」報道―TBS(時事通信)
首相に「ルーピー」のヤジは自民・丸川珠代氏 与党から「失礼だ」「出て行け」の声も(産経新聞)
posted by マツクラ マサユキ at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。